娘のTシャツ

冬でも夏でも一年中Tシャツは着ています。
夏はそのままですし、冬は下着代わりになり、あまりボロボロになったら雑巾になります。
最近は娘が飽きたTシャツを私が着ています。
すでにファンで無い人の名前が入っていたり、映画のタイトルが入っていたり、それが気に入らないのかどうか分かりませんが、まだそれほど古くもないのに飽きる気持ちが判りません。
今は一緒に住んでいないので、私が着ていることを娘は知りません。
もし、それを知ると何か言いそうな娘です。
デザインも面白いのですが、カッティングもちょっと変わっているので、すっかり気持ちも若返るようです。
着るTシャツによってこんなに気持ちが変わるものだとは意外でした。
首周りをとても余裕を持たせてあるタイプ、肩のところにフレアがあるタイプ、胸元のあたりまでカッティングをしてあるタイプなど、一寸私だったら買わないような斬新な感じです。
娘はいつもファッションに気を使う年頃なので、そんな若い感覚を私もおすそ分けして貰った気持ちになっています。